英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】疑問詞+toでつくる名詞のかたまりを徹底解説してみた!

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです。

 

今回は疑問詞+toの形でつくるかたまりについて説明します。

 

疑問詞は、疑問文をつくるときに使われるだけではなく、実はかたまりをつくります。

このかたまりは中学英語で理解できるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

疑問詞+toは名詞のかたまりを作る

 

まず、一番大切なポイントとしては、疑問詞+toは名詞のかたまりを作るということです。

 

僕は名詞のかたまりを[ ]のかっこで表しています。

 

で、名詞のかたまりをつくるということは、そのかたまりはS(主語)、C(補語)、O(目的語)、Op(前置詞の目的語)になるということです。

 

また、[  ]の中にはS(主語)とV(動詞)がないので、「句」をつくります。

つまり、疑問詞+toは「名詞句」を作ります。

 

疑問詞+toの「to」って何?

 

toには前置詞のtoと不定詞のtoがありましたよね。

 

で、今回の「疑問詞+to」のtoはどちらのtoかというと、不定詞のtoです。

 

つまり、「疑問詞+to」に続くのは

  • 動詞(V)
  • 原形

ということです。

 

「疑問詞+to+動詞の原形」と覚えても良いでしょう。

 

 

疑問詞+toの訳し方

 

疑問詞+to Vの訳し方ですが、

○○(疑問詞)Vすべきか

と訳します。

 

疑問詞って、「what」とか「when」とか「where」ですよね?

Sachico

 

そうそう!

疑問詞の意味を理解できていたら、疑問詞+to+Vの訳し方も理解できるはず!

Daichi

 

ざっと、疑問詞+to+Vのパターンを書いておきますね。

 

what to V 何をVすべきか
when to V いつVすべきか
where to V どこでVすべきか
who to V 誰がVすべきか
whom to V 誰を(に)Vすべきか
which to V どちらをVすべきか
what 名詞 to V どんな名詞をVすべきか
which 名詞 to V どちらの(どの)名詞をすべきか
how to V どのようにVすべきか、Vする方法、Vのやり方

では、疑問詞+to+Vのかたまりが、主語(S)、補語(C)、目的語(O)、前置詞の目的語(Op)になるパターンについて、例文を使ってそれぞれ詳しく見ていこうと思います。

 

主語(S)になる場合

 

 

和訳

どこで食べるかはとても大切です。

 

[Where to eat]で名詞のかたまりをつくって、これが主語になっています。

[  ]の中ですが、eatという自動詞が使われているので、eatにVを付けています。

 

補語(C)になる場合

 

 

 

和訳

問題はいつ始めるべきかです。

 

[when to eat]で名詞のかたまりを作って、補語になっています。

[  ]の中ですが、eatという自動詞が使われているので、eatにVを付けています。

 

目的語(O)になるパターン

 

 

和訳

私は誰が私たちの部屋をキレイにするべきか分かりません。

 

[who to clean our room]で名詞のかたまりを作って、動詞knowの目的語になっています。

 

さらに[  ]の中を細かく見ると、cleanが動詞(V’)で、roomはその目的語(O’)となっていますね。

 

前置詞の目的語(Op)になる場合

 

 

和訳

私はどのように英語を勉強すべきかについて話しています。

 

[how to study English]で名詞のかたまりを作って、他動詞的扱いになっている「talking about」(Vp)の目的語(Op)になっています。

前置詞aboutの目的語(Op)になっているとも言えますね。

 

さらに[  ]の中を細かく見ると、studyが動詞(V’)で、Englishはその目的語(O’)となっていますね。

 

 

まとめ

 

疑問詞+to+Vは

  • 名詞句のかたまりをつくる
  • 主語、補語、目的語、前置詞の目的語になる
  • ○○(疑問詞)Vすべきかという訳になる

 

疑問詞+toの言い換えで登場する、「間接疑問文」も名詞のかたまりを作ります。

コチラの記事も読んでおくと勉強になりますよ。

【中学生でも分かる】名詞のかたまりを作る間接疑問文について徹底解説!

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.