英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】名詞のかたまりを作る間接疑問文について徹底解説!

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです。

 

今回は、普通の疑問文とは少し違った、間接疑問文というものについて説明します。

 

中学生の英文法でも間違いやすいところであるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

間接疑問文とは?

 

そもそも間接疑問文って何って話からしますね。

 

「間接」という言葉が付いているので、直接的には質問内容を言っていないんですね。

 

逆に「直接」疑問文というのは直接質問するわけです。

what is that?

(あれは何ですか?)

みたいに。

 

でも、間接疑問文は直接質問をするのではなく、質問内容を文中に入れ込むのです。

 

例えば、

I don’t know what that is.

(私はそれが何か分かりません。)

という文で考えてみましょう。

 

質問内容は「what is that?」とそう変わりはないですよね。

どちらも、(あれは何ですか?)と質問内容は一緒です。

 

 

それは何ですか?

Sachico

と直接質問すれば、

えーっと、それはねー・・・・

Daichi

と質問内容に答えられる場合は、答えてくれますよね。

これが直接疑問文。

 

 

私はそれが何か分かりません。

Sachico

と言えば、直接「それは何ですか」と聞いていないけれども

えーっと、それはねー・・・・

Daichi

と答えてくれるかもしれませんよね。

これが間接疑問文です。

 

 

間接疑問文の構造を見てみる

 

間接疑問文を作るときの構造を勉強する際は、直接疑問文との違いを考えると理解しやすいです。

 

大きく違いは2つあります。

  1. 疑問文の語順
  2. 名詞のかたまりを作るかどうか

 

 

1.疑問文の語順

 

直接疑問文の場合は、

be動詞

 

一般動詞

 

というように、疑問詞次の文は、疑問詞のついていない疑問文の形になります。

 

be動詞を前にもってきたりだとか、doesやdo、didを前に持ってくるとかルールありますよね。

こういった普通の疑問文をつくるルールに則って疑問詞が含まれる疑問文が作られます。

 

しかし、間接疑問文の場合は平叙文(普通の文)の語順になります。

[  ]の中に注目して、下の文をみてください。

 

be動詞

 

一般動詞

 

というように、[   ]の中が疑問文のような語順ではなく、疑問文じゃない普通の文の語順になっていることが分かります。

 

 

2.名詞のかたまりをつくるかどうか

 

結論を言うと、直接疑問文は名詞のかたまりを作らないけれども、間接疑問文は名詞のかたまりを作ります。

 

僕は名詞のかたまりをつくるときは、[   ]を使っています。

 

[  ]で作られた名詞のかたまりの中を見ると、S(主語)とV (動詞)がありますね。

ということは、「節」を作っているということになります。

 

つまり、間接疑問文は「名詞節」を作っているということになります。

 

で、まだまだ大切なことがありますね。

名詞節(名詞のかたまり)を作るということは、主語(S)、補語(C)、目的語(O)、前置詞の目的語(Op)になるということです。

 

それでは、それぞれの場合について、間接疑問文を説明していきます。

 

 

主語の場合

 

 

和訳

昨日昼食をどこで食べたかは秘密です。

 

[where I ate lunch yesterday]で名詞のかたまりを作って、主語(S)になっています。

 

さらに、[  ]の中を見ると「I ate lunch」というように、SVO(第3文型の文)だと分かります。

 

補語の場合

 

 

和訳

問題はいつ私があなたに話せるかだ。

 

[when I can talk to you]で名詞のかたまりを作って、補語(C)になっています。

 

さらに、[  ]の中を見ると「I can talk 〈to you〉」というように、SV(第1文型の文)+副詞のかたまり(前置詞+名詞)だと分かります。

 

 

目的語の場合

 

 

和訳

私はどこへ行くべきか分かりません。

 

[where I should go]で名詞のかたまりを作って、他動詞knowの目的語(O)になっています。

 

さらに、[  ]の中を見ると「I ate lunch」というように、SVO(第3文型の文)だと分かります。

 

 

前置詞の目的語の場合

 

 

和訳

私は彼がいつ来るのかについて話しています。

 

[when he will come]で名詞のかたまりを作って、前置詞の目的語(Op)になっています。

他動詞的扱いになっている「talking about」(Vp)の目的語(Op)と考えてもオッケーです。

 

さらに、[  ]の中を見ると「he will come」というように、SV(第2文型の文)だと分かります。

 

 

まとめ

 

間接疑問文は

  • 直接疑問文のような語順にはならない
  • 平叙文(普通の文)の語順と同じ
  • 名詞節をつくる
  • 主語(S)、補語(C)、目的語(O)、前置詞の目的語(Op)になる

 

間接疑問文の言い換えで登場する。「疑問詞+to」も名詞のかたまりを作ります。

コチラの記事を読んでおくと勉強になりますよ。

【中学生でも分かる】疑問詞+toでつくる名詞のかたまりを徹底解説してみた!

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.