英文解釈の基礎はここに全部ある!

大阪大学合格!中学英語で英文解釈の本質を学んだMOMOさんのお話

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

2018年の7月から2019年の2月まで僕の個別指導(英文解釈コンサル)の生徒さんだった、MOMOさんに英文解釈についての感想をいただきました。

英文解釈の1つの考え方として、参考にしてみてください!

 

Daichiから英文解釈を学んでみた感想

昨年Daichiさんに英文解釈の指導を受けていたMOMOです。

無事第一志望だった阪大に合格できたのですが、正直英語が足を引っ張っていました。

暗記はまぁまぁできるほうではあったと思いますが、とにかく英語が読めない。

そんな状況のとき、たまたま英文解釈が中学英語で学べるDaichiさんのサイトに出会いました。

Daichiさんの英文解釈は中学レベルから学べるという気軽さがあるのですが、私にとってはレベルが高かったです笑

なんですが、Daichiさんの方法で英文解釈を学ぶと今までに見えていなかったものが見えてきて、それに伴って英文の意味がとれるようになってきました。

英語の文が読めるようになってくると、だんだん英語を勉強するのが楽しくなって難しい英文を読んだり、和訳問題にも取り組んだりする気がでてきました。

英語を勉強させる気にさせてくれたのが、私としては一番英文解釈を学んでよかったかなと思います!

 

英文解釈を学んで身に付いたこと、分かったこと

私は最初、英文解釈は英文を和訳することだと思っていました。

本屋さんで英文解釈の参考書や問題集を見ていても、英語から日本語にするようなものが多かったです。

あ~~~、英語から日本語に訳す方法を覚えないといけないのか~~~と、やる気が削がれていました。

だから、なかなか英文解釈をやろうと思えなかったのが正直なところです。

でも、Daichiさんの英文解釈は特殊で和訳をすることを中心ではありませんでした。

とことん「英文解釈の型」や「かたまり」を学ぶというものでした。

和訳のやり方を丸暗記するというより、「どう英文の構造を理解すればいいのか?」という思考法が身に付いたと私は思いました。

また、中学生レベルの英語を使って英文解釈を学ぶというところも、Daichiさんの英文解釈の特徴です。

英文解釈というとネットでも学校の先生でも高校英語で学ぶのが普通だと言われています。

私もそう思っていましたし、私の友達もそれが当たり前のようでした。

だから、本当に英文解釈を中学英語で学べるのか不安でした。

これは言っておかないといけないのですが、中学英語の英文解釈だけでは大学は合格できません。

中学英語以上の知識が大学受験では必要になります。

とはいっても、大学受験に必要な「英文解釈の本質」の部分というのは、中学レベルの英語で学ぶことができます

「英文解釈の本質は高校英語で学ぶ必要はない。中学英語も高校英語でも学ぶべき本質は同じである」

ということをDaichiさんの英文解釈から学びました。

 

これから英文解釈に取り組む方へのメッセージ

英文にはルールがあります。

そのルールをいかに早くを覚えて、使えるようにするのかが英語が得意になれるかどうかの分かれ目だと思います。

一般的な英文解釈という言葉に惑わされて大切なことを分かっていなかった自分を思い返すと、遠回りしてしまっていたなと思います。

でも、Daichiさんが「型やかたまり」を教えてくださったおかげで、試験本番までになんとか近道をすることができました。

基礎が大事!とよくいいますが、基礎をレベルの高い高校英語で学ぶよりも、高校英語よりもレベルが低い中学英語で学ぶほうが圧倒的に速いです。

これは私だけが実感しているわけではありません。

現在私は大学1回生で塾のバイトをしています。

塾では英語を教えているのですが、今年大学受験をする高3の子にDaichiさんの英文解釈を教えています。

最初は難しく感じるのですが、後後になってやっててよかったという感想をもらいました。

ちょっと癖があるけれどもとてもロジカルな英文解釈を学びたい人は、英文解釈の導入としてDaichiさんの英文解釈を勉強してみることをオススメします。(最初はあまりよく分かりません。)

あと、英語の本や論文なども単語を調べれば読める状態になれたのは、大学生になってからよかったなと思ったことの1つです。

英語の試験で点を取る以外にも英文解釈は役立つので、英文解釈を勉強することは大切だと私は思います。

 

Daichiから見たMOMOさんの素晴らしいところ

MOMOさんは「本質」をつかむのが本当に上手でした。

これは「本質」を掴むスピードが速いというよりかは、「本質」をつかむためのプロセスが丁寧だということです。

質問の仕方も本質をつかもうとする姿勢がよく見えました。

「○○が分かりません、教えてください!」とかではなく、「ここは○○だと思うのですが、○○がよく分かりません。」というように、自分が分かっていることや自分が考えていることをきちんと僕に伝えてくださいました。

なので、質問に対する返答もすごくやりやすかったです。

あとMOMOさんのお話を聞いて素晴らしいのは、塾のバイトで僕の英文解釈を使ってくれているところですね。

自分が学んだことを人に教えられるって、意外と難しいことなんです。

なぜかというと、人に説明しようと思ったら本質的なところを理解しないといけないからです。

MOMOさんは塾のバイトで生徒さんに英文解釈を教えられていますが、それができるのもMOMOさん自身がきちんと英文解釈の本質を理解しておられるからだと思います。

今後もDaichiの英文解釈を使いながら、その他の人にもぜひ広めてもらえたらなと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2019 All Rights Reserved.