英文解釈の基礎はここに全部ある!

SVOCを振るときの注意点!文の要素と品詞の対応から説明してみた

Daichi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、Daichiです。

 

今回は文の要素と品詞を対応させて、SVOCを振る際の注意点についてお話します。

 

英文解釈でSVOCを振ることは基本中の基本なので、ぜひきちんと理解してもらいたいと思います。

 

 

文の要素と品詞を対応させるときのポイント

 

文の要素(S・V・O・C)と品詞は必ず1対1の対応をするわけではありません。

 

パターンとしては、

  • 品詞が2つ以上セットになって1つの文の要素になる場合
  • 文の要素が修飾語だから記号は書かない場合
  • ある品詞に対応する文の要素がない場合
  • 品詞がセットになっても文の要素を作らない場合

の4つがあります。

 

よく分からないと思うので、例を出しながら説明していきますね。

4つ例を出します。

 

 

 

例文その1

 

 

これは

「品詞が2つ以上セットになって1つの文の要素になる場合」

ですね。

 

Sと代名詞、Vと動詞を見ると、文の要素と品詞が対応しています。

 

でも、a penの部分を見てみると

「冠詞+名詞」「O(目的語)」となっています。

 

このように、

品詞が2つ以上セットになって1つの文の要素になる場合があります。

 

 

この文の場合は、

「冠詞+名詞」で「O(目的語)」となっていますが、

「冠詞+名詞」で「S(主語)」、「C(補語)」となるときもあります。

 

 

冠詞が名詞に吸収されたと考えてもいいよ!

Daichi

 

名詞は主語、目的語、補語になるから、冠詞が名詞に吸収されたと考えると、ラクですね!

Sachico

 

所有格+名詞というパターンも上と同じです。

my+penでS(主語)やO(目的語)、C(補語)を作ります。

 

 

例文その2

 

 

これは

「ある品詞に対応する文の要素がない場合」

です。

 

He is very cool.のうち、

「He」と「is」と「cool」に関しては、それぞれ

「S(主語)と代名詞」、「V(動詞)と動詞」、「C(補語)と形容詞」

というように対応しています。

 

 

ただ、「very」に関しては文の品詞に対応する文の要素を書いていません。

 

なぜかというと、veryの品詞は副詞でM(修飾語)という文の要素だからです。

 

たしか、副詞や形容詞は一般的には「M」の記号を使うんでしたよね?

Sachico

 

そう!でも僕はMという記号は使ってないよ!面倒だから~

これはDaichiの自分ルール!

Daichi

 

形容詞が名詞を修飾する場合や、副詞が名詞以外を修飾する場合など、M(修飾語)を使っても大丈夫です。

僕は使っていないだけです。

 

 

例文その3

 

 

 

これは、

「ある品詞に対応する文の要素がない場合」

です。

 

 

I can speak English.のうち、

「I」と「speak」と「English」に関しては、それぞれ

「S(主語)と代名詞」、「V(動詞)と動詞」、「O(目的語)と名詞」

というように対応しています。

 

ですが、canだけ文の要素が与えられていませんね。

 

canは助動詞だから、助動詞に対応する文の要素がありません。

 

なので、助動詞のcanの下には、S・V・O・Cのいずれの記号も振っていないということです。

 

 

例文その4

 

 

She plays soccer in the park.のうち、

「She」と「plays」と「soccer」に関しては、それぞれ

「S(主語)と代名詞」、「V(動詞)と動詞」、「O(目的語)と名詞」

というように対応しています。

 

しかし、残りの「in the park」に関しては、文の要素がありません。

 

前置詞+冠詞+名詞で実は副詞のかたまりをつくっています。

つまり、文の骨ではなく、骨の部分のかざりをつくっているということです。

 

文の骨格となる部分にはS・V・O・Cを必ず振ることができます。

 

S・V・O・Cが振れないところは、飾りだと思ってもらって大丈夫です。

 

詳しくはこちらから

 

 

文の骨(骨格)となるところには、文の要素が入るということは、実はとても大切なことだよ!

Daichi

 

 

まとめ

 

文の要素(S・V・O・C)の記号をすべての単語につけられるわけではない。

 

品詞と文の要素(の記号)が対応していないパターンとしては、

  • 品詞が2つ以上セットになって1つの文の要素になる場合
  • 文の要素が修飾語だから記号は書かない場合
  • ある品詞に対応する文の要素がない場合
  • 品詞がセットになっても文の要素を作らない場合

の4つがある。

 

SVOCの他にも重要な記号があります。

コチラの記事で詳しく説明しているので、読んでみることをオススメします。

これがDaichi流!ルール化を徹底した学習効率抜群の英文解釈の記号一覧

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.