英文解釈の基礎はここに全部ある!

英語の品詞テキトーに扱ってない?英文解釈視点で品詞を説明してみた!

Daichi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです!

 

英語を教えていて思うのが、

 

英語の品詞をテキトーに扱いすぎ!!

Daichi

ということです。

 

英語が苦手な人って品詞をよく分かっていない人が多いんです。

 

ということで、品詞にランク付けをして、英文解釈の視点で品詞についてお話していこうと思います。

 

品詞は全部で10種類!

 

まず、全体像の把握をしておくと、品詞は全部で10種類あります。

 

1つずつあげていくと、

  • 名詞
  • 動詞
  • 形容詞
  • 副詞
  • 前置詞
  • 接続詞
  • 助動詞
  • 代名詞
  • 冠詞
  • 間投詞

 

の10種類!

 

けっこう多いですね・・・・

 

で、それぞれの品詞に役割、働きというのがあるんですけど、ただただ覚えていてもなかなか頭に入らないと思うので、品詞をランク付けしていこうと思います。

 

申し訳ないのですが、Daichiの独断と偏見です。

 

 

動詞は品詞の神様

 

品詞の神様といえば、動詞です。

 

動詞 is God!

Daichi

 

動詞が一番重要で、動詞が分かるといろんなことが分かります!

神が全てを創り出した的なノリです。

 

動詞の理解英語の理解

と言っても過言ではないくらい、めっちゃ重要です。

 

文型、受動態、関係詞も、動詞が分かれば結構理解できます。

逆に、動詞を理解していないとあんまり理解できないと思います。

 

それくらい重要なんです!

 

 

動詞とは?

動詞とは、動作や状態を表す品詞のことです。

 

動詞は2種類の分類をすることができます。

 

  1. 動作動詞・状態動詞
  2. 自動詞と他動詞

という2つの分類方法があります。

 

動作動詞と状態動詞の区別

動作動詞か状態動詞かは、すぐに動作をストップできるかできないかで分かります。

 

ストップ!

Sachico

と言われてストップできるならば、動作動詞

 

ストップ!

Sachico

と言われてストップできないならば、状態動詞

です。

 

  • 動作動詞 swim run make
  • 状態動詞 have believe know

 

自動詞と他動詞

文型にがっつり関わってくるので、動作動詞か状態動詞かという区別をできるよりも重要です。

 

まずは、この動詞は自動詞なのか、他動詞なのかを分類できる方が大切です!

 

ここでいう分類できるというのは、単語を覚える段階で

 

ふむふむ、なるほど

この動詞は自動詞なのか・・・

この動詞は他動詞なのか・・・

Sachico

というように自動詞と他動詞を意識しながら覚えることです。

 

自動詞と他動詞の区別はこちらから

 

 

名詞・形容詞・副詞は最初のポケモン

 

名詞、形容詞、副詞というのは、

ポケモンでいったら、御三家と呼ばれる最初にもらえるポケモンです。(知らん人、ごめん。)

トランプでいうところの、キング、クイーン、ジャックみたいな感じです。

 

御三家とは

すごい3人をまとめた呼び方

 

とにかく強いんです、この品詞たちは!

 

さて、品詞御三家の具体例や役割を簡単に説明しますね!

 

名詞とは?

人、モノ、コトの名前を表す品詞です。

 

  • 人:Mike、Mr.Green
  • 物:pen、apple

 

形容詞とは?

 

名詞を修飾する働きをもった品詞です。

 

形容詞の働きって何?

Daichi

と聞かれたら、

名詞を修飾する!

Sachico

というように秒で答えられるようにしておいてください。

 

それくらい重要なことです。

 

small、beautiful、important

 

副詞とは?

 

名詞以外を修飾する働きをもった品詞です。

 

つまり、動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾する働きをもった品詞です。

 

副詞の働きって何?

Daichi

と聞かれたら、

名詞以外を修飾する!

Sachico

というように一瞬で答えられるようにしておいてください。

 

形容詞と同じで、めっちゃ大切です。

 

very、quickly、often

 

 

名詞・形容詞・副詞は進化する!?

さっき説明した名詞、形容詞、副詞の3つは、めっちゃ強いし、強くなるんです!

 

はぁ??

Sachico

 

 

ポケモンって進化するじゃないですか。

この名詞・形容詞・副詞も同じように進化します。

 

ただ、その単語自体が進化するわけではなく、その品詞の働きをちょっと拡大して使うということです。

 

つまり、考え方をいただくというかんじです。

 

例えばbeautifulという単語は形容詞なんですが、beautifulという単語自体が進化するわけではありません。

 

形容詞という品詞の特性である、「名詞を修飾する」をもらったり、

文の要素である「補語になる」という役割をもらったりします。

 

そう、これは僕がめっちゃ推している、

KA☆TA☆MA☆RI

Daichi

という考え方です。

 

かたまりには3種類のかたまりがあります。

  • 名詞のかたまり
  • 形容詞のかたまり
  • 副詞のかたまり

 

まさに、品詞御三家の進化系です。

 

かたまり御三家とも呼べますね!

 

品詞御三家を理解することは、かたまり御三家を理解するための基礎みたいなものなので、めっちゃ大切!ということは分かっておいてください!

 

詳しくはこちらの記事を読んでください。(必読)

 

 

前置詞と接続詞は接着剤

 

前置詞と接続詞は品詞の接着剤です。

 

前置詞や接続詞が接着剤のような役割になってくれて、さきほど上げたような「かたまり」を作ってくれるんです。

 

簡単にいうと、単語と単語をつなげて、かたまりをつくってくれるということです。

 

で、前置がつくるかたまり」「接続詞がつくるかたまり」にはそれぞれ特徴があります。

 

前置詞がつくるかたまりは、「句」のかたまりで、

接続詞がつくるかたまりは、「節」のかたまりです。

 

ということは、

前置詞は「句」用接着剤

接続詞は「節」用接着剤

ということになりますね!

 

句と節についてはこちらを読んでください!(必読)

 

 

では、前置詞と接続詞について、それぞれ特徴を説明していきます。

 

 

前置詞って?

前置詞とは、名詞や代名詞の前に置く品詞です。

 

逆に言えば、前置詞の後ろは名詞か代名詞ということです。

 

In,at,of

 

 

接続詞って?

接続詞とは、単語と単語をつなげる働き、文と文をつなげる働きをもった品詞です。

 

もう少し具体的に言うと、

  • 同じ品詞と品詞をつなぐ働き
  • 同じ要素と要素とをつなぐ働き
  • 2つの文をつなぐ働き

をもった品詞です。

 

で、接続詞には2種類あります。

  • 等位接続詞
  • 従属接続詞

です。

 

等位接続詞

等位接続詞は、2つの単語同士もしくは、2つの同士の関係を結びつけることに特化しています。

and,or,but

 

従属接続詞

従属接続詞は、副詞のかたまりをつくることに特化しています。

従属接続詞;because,when,if

 

助動詞、冠詞、代名詞、は脇役3人衆

 

助動詞、冠詞、代名詞は英文解釈では脇役なので、あまり重要ではありません。

 

ただあくまでも、英文解釈の観点から言ったらですよ!

英文法の観点からいえば、助動詞はめっちゃ大切ですからね!

 

 

では、簡単にそれぞれの品詞の特徴を言っていきます。

 

助動詞とは?

助動詞とは、動詞の前に置いて、動詞に意味を加える働きをもつ品詞です。

英文法では1つずつしっかり勉強しないといけませんが、英文解釈ではそこまで助動詞の理解というものが必要ありません。

 

can、will、should

 

冠詞とは?

冠詞とは、名詞の前につける品詞のことです。

英文解釈では、名詞とセットで考えるため、冠詞そのものを扱うということはありません。

 

a、an、the

 

代名詞とは?

代名詞は名詞の代わりを表す品詞です。

 

代名詞は名詞の中に含まれるので、代名詞≒名詞と思えば十分です。

 

I、him、their

 

 

間投詞は影

 

間投詞とは、感情を表す言葉で相槌や呼びかけにあたる品詞です。

 

Oh、well

 

日本語で言えば間投詞は

わっ!!

Sachico

 

とか

 

おお!

Sachico

 

とか、英文解釈では全く不必要なものです。

だから、間投詞は影みたいなもので、存在がほぼほぼありません。

 

 

まとめ

 

動詞は品詞の神様

  • 動詞とは動作や状態を表す品詞
  • 動作動詞と状態動詞の分類がある
  • 自動詞と他動詞の分類がある

 

 

名詞・形容詞・副詞は品詞御三家

  • 名詞とは人、モノ、コトの名前を表す品詞
  • 形容詞とは名詞を修飾する働き
  • 副詞とは名詞以外を修飾する働き
  • 名詞・形容詞・副詞はかたまり御三家の基礎になる

 

 

前置詞と接続詞は品詞の接着剤

  • 前置詞は句をつくる接着剤
  • 接続詞は節をつくる接着剤
  • 前置詞とは名詞や代名詞の前に置く品詞
  • 接続詞とは単語と単語、文と文をつなげる品詞
  • 接続詞には等位接続詞と従属接続詞がある

 

助動詞、冠詞、代名詞は脇役3人衆

  • 英文解釈ではあまり重要ではない
  • 助動詞とは動詞の前に置いて、動詞に意味を与える
  • 冠詞とは、名詞の前に付ける品詞
  • 代名詞≒名詞で考える

 

 

間投詞は影

  • 間投詞は英文解釈では不必要な存在

 

 

品詞は文型やかたまりを理解する上で必要なものです。

まずは、ざっくりイメージでもいいので理解していきましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.