英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】第5文型(応用編)を高校文法なしの英文解釈で徹底解説!

Daichi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです!

 

今回は、第5文型(応用編)について英文解釈を使って解説していきたいと思います。

 

第5文型の基本編については別記事で説明しています。

応用編を読む前に、基本編で大事なところを理解していると、応用編もすぐに理解できると思うので、基本編は読んでおくことをオススメします。

 

応用編といっても中学英文で説明しますので、最後まで読んでみてくださいね!

 

 

第5文型とは?

 

第5文型の基本編と同じですが、復習になるので説明しておきますね。

 

第5文型は記号では、SVOCと表すことができます。

 

Sが主語、Vが動詞、Oが目的語、Cが補語です。

Oは名詞、Cは名詞または形容詞です。

 

覚えておかないといけないことは、

V(動詞)の後にO(目的語)があるから、第5文型では他動詞の動詞を使わないといけないということです。

 

 

第5文型のコアとは?

 

第5文型を理解する上で一番重要なことは、

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になることです。

 

このコアの部分をゴールとして、第5文型(応用編)の解釈を説明していきます。

 

ちなみにですが、主語・述語の関係というのは、英語というよりかは日本語の文法での理解です。

次のようなことが分かっていればオッケーです。

主語 :「何が(だれが)」を表す部分。

述語 :「どうする・どんなだ・何だ・ある(いる)」を表す部分。

 

 

第5文型の応用編とは?

 

冒頭で言うのを忘れていたのですが、第5文型の応用編とはどのような英文を指すのか言っておきますね。

 

例えば、こんな英文です。

I want you to study English.

和訳

私はあなたに英語を勉強してほしいです。

 

これって、第5文型なんですか?

Sachico

 

びっくりでしょ?

訳すのに役立つというよりかは、文を理解するのに第5文型だということが分かっているとすごいラクです!

Daichi

 

第5文型ということが分かっていなくても、英語から日本語に訳すことはできると思います。

 

ですが、文の意味をざっくりとらえるには、第5文型として扱ったほうがいいのです。

つまり、第5文型のコアである、

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になることに注目することで文の理解がスムーズに行えるようになります。

 

 

Cがto+V原形の2パターン

 

今回説明している第5文型の応用編では、補語(C)がto+V原形のものを扱っています。

 

で、この『補語(C)がto+V原形』には、中学校の英文法では大きく2パターンあります。

 

  1. 願望
  2. 命令・指示・依頼

の2種類です。

 

この2パターンを、第5文型のコア

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる

を使って説明していきたいと思います。

 

1.願望・期待

願望・期待を表す『補語(C)がto+V原形』は、wantやwould likeを使って表現できます。

 

実際の英文で、第5文型のコアを使った解釈をしてみましょう。

 

 

和訳

私はあなたに英語を勉強してほしいです。

 

今回の文の目的語(O)は「you」で、補語(C)は「to study English」です。

この部分に着目して、第5文型のコアである

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる

を適応して考えてみると、

 

You study Englishというような主語・述語関係が出来上がります。

 

 

 

で、こうやって解釈することでいいことって何かあるんですか?

Sachico

 

いい質問だね!

簡単にいうと、話の中心に着目できるというところ。

話の中心は今回の場合でいうと、どこか分かる?

Daichi

 

話の中心ですか?

「あなたが英語を勉強する」ってところですか?

Sachico

 

それそれ!

つまり、動作する人が「誰」で、その人が「何を」するのかはっきりするというところが、第5文型として解釈するところのメリットです。

正直いうと、主節の動詞とかって解釈上はそこまで大切じゃないんだ。

Daichi

 

例文でいうと、「I want you to study English」の『want』という部分は確かに和訳ではめっちゃ大事になるけれども、おおまかな理解をするのにはそこまで重要な意味をもちません。

 

要は、「あなたが英語を勉強する」ということが分かることが一番大切なんです。

その次に、「あなたが英語を勉強する」ということに対して、主節の主語である「私(I)」が「どうするのか」ということなんですね。

 

今回の例文で細かく見ていくと、「あなたが英語を勉強する」ということに対して、「私」が「してほしい」ということです。

 

実際の英文は左から右に理解していくわけだから、次のような理解の仕方になるね!

Daichi

 

STEP1
主語はTo+V原形に対して「どうする」のか?

STEP2
To+V原形の「何が」「どうする」に着目する

 

 

というな流れになります。

 

 

2.命令・指示・依頼

命令・指示・依頼を表す『補語(C)がto+V原形』は、tellやaskを使って表現できます。

 

基本的な考えて方は、願望のときと同じです。

 

例文を見てみましょう。

 

 

和訳

私の母は私に私の部屋をキレイに保つように言いました。

 

STEP1
主語はTo+V原形に対して「どうする」のか?

STEP2
To+V原形の「何が」「どうする」に着目する

 

 

の流れに当てはめて考えると、STEP1の「どうする」の部分が「命令・指示・依頼」を表すような動詞に変わるだけなんです。

 

後は同じです。

 

で、この例文の目的語(O)は「me」で、補語(C)は「to keep my room cleanです。

 

この部分に着目して、第5文型のコアである

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる

という大切なことに当てはめて考えると、

 

 

I keep my room clean.

和訳

私は私の部屋をキレイに保ちます。

 

という第5文型(基礎編)の知識で理解できる文になるわけです。

 

この

I keep my room clean.

の部分の理解がまず大切だということでしたね。

 

 

まとめ

 

  • 第5文型はSVOCで表される
  • 第5文型の解釈のコアは『O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる』
  • Cがto+V原形は第5文型で解釈することができる
  • 「願望」と「命令・指示・依頼」の2パターンの「to+V原形」がある

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.