英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】第5文型(基本編)を高校文法なしの英文解釈で徹底解説!

Daichi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです。

 

今回は基本文型の5つ目の、第5文型(基本編)について英文解釈を使って解説していきたいと思います。

 

中学生にも分かるような簡単な英文で説明するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

第5文型とは?

 

第5文型は記号を使うと、SVOCで表すことができます。

 

Sが主語、Vが動詞、Oが目的語、Cが補語です。

Oは名詞、Cは名詞または形容詞です。

 

大切なこととして、

V(動詞)の後にO(目的語)があるから、第5文型で使われる動詞は他動詞です。

 

 

第5文型の解釈のコアとは?

 

第5文型の解釈の仕方には少しクセがあります。

 

おそらく、学校で今から教えるように習っている人は、ごくごくわずかだと思います。

 

しかし、この方法で学ぶことで、いっきに第5文型のコア知ることができ、難しい第5文型にも応用できます。

 

 

さて、前置きはここまでにして、

第5文型のコアとなる考え方について説明します。

 

 

第5文型の一番大切なこととは

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になることです。

 

主語 :「何が(だれが)」を表す部分。

述語 :「どうする・どんなだ・何だ・ある(いる)」を表す部分。

 

 

SVOCにあるOとCの関係を意識することが、第5文型攻略のカギとなります。

 

 

主語と述語の関係を見てみる

 

では、実際の例文をつかって、主語と述語の関係とは何かについて説明しますね。

 

まずは、基本的な第5文型を扱っていこうと思います。

 

基本的な第5文型とは

Cが形容詞または名詞の単語であるものです。

 

で、この基本的な第5文型は大きく2つに分けることができます。

 

  • make型
  • call型

の2種類です。

 

 

make型

 

make型の動詞は

OをC(の状態)にする、しておく

という意味を表す動詞のことです。

 

例文を見てみると、

 

 

和訳

私はあなたを幸せにします。

 

で、ここで第5文型の解釈のコアを使って考えてみます。

 

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる

 

すると、目的語(O)である「you」と補語(C)である「happy」の間にbe動詞を補うことができます。

 

 

何でbe動詞なんですか?

Sachico

 

これは第2文型の発想といっしょだよ!

「どんなだ」を表す場合は、be動詞を使って主語(S)と補語(C)をイコール関係でつなげるということをしていたよね?

それといっしょ!

Daichi

 

 

つまり、

 

STEP1
第5文型のO(目的語)をS(主語)と考える

STEP2
第5文型のC(補語)をそのままC(補語)と考える

 

STEP3
S(主語)とC(補語)の間にbe動詞を補って、主語と述語の関係をつくる

 

 

要するに、第5文型のOとCは、O=Cの関係になるということです。

 

 

ちなみにですが、

make型のC(補語)は形容詞になることがほとんどです!

Daichi

 

 

call型

 

call型の動詞は

OをCと呼ぶ、選ぶ

という意味を表す動詞のことです。

 

例文を見てみると、

 

 

和訳

私はあなたをトムと呼びます。

 

で、make型のときと同じで、

第5文型の解釈のコアを使って考えてみます。

 

O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる

 

「あなた」は「トム」という主語と述語の関係になるので、

目的語(O)である「you」と補語(C)である「Tom」の間にbe動詞を補うことができます。

 

 

で、こんなかんじになる

 

 

call型の動詞の場合は、補語(C)が名詞になることがほとんどです!

Daichi

 

 

 

make型とcall型の動詞

 

make型の動詞

 

  • get
  • keep

 

call型の動詞

 

  • name
  • choose

 

 

 

まとめ

 

  • 第5文型はSVOCで表される
  • 第5文型の解釈のコアは『O(目的語)とC(補語)が主語と述語の関係になる』
  • Cが形容詞または名詞の単語の場合、O=Cの関係になる
  • make型とcall型がある

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.