英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】第4文型を高校文法なしの英文解釈で徹底解説!

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、ダイチです。

 

今回は基本文型の4つ目の第4文型についてお話します。

 

英文解釈を使って分かりやすくまとめたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

第4文型とは?

 

第4文型は記号を使うと、SVOOと表すことができます。

 

Sは主語、Vは動詞、Oは目的語です。

 

第4文型は目的語が2つあるところが特徴的です。

 

目的語になる品詞は名詞しかないので、動詞のあとに名詞が2つ続くことになります。

 

ただ、名詞といっても

  • 名詞の単語
  • 名詞句
  • 名詞節

が考えられるので、注意が必要です。

 

 

2つのOの区別

 

SVOOの1つ目のO(目的語)と2つ目のO(目的語)は区別されています。

 

どちらも名詞であることには変わりにはないのですが、

1つめのOは人、2つ目のOは人以外のモノ・コトがきます。

 

 

ですので、基本的に、V(動詞)と2つのO(目的語)の関係は

「人に」「モノ・コト」「をどうする」

で考えることができます。

 

じゃあ、具体的な英文を見ていきましょう。

 

 

基本例文

 

今から第4文型をつくる主な動詞を使って説明していきたいと思います。

 

①give

 

 

和訳

Tomは彼女にこの写真をあげた。

 

  • TomがS(主語)
  • gaveがV(動詞)
  • herがO1(目的語)
  • this pictureがO2(目的語)

 

「her」O1(目的語)に「this picture」O2(目的語)を与えた

という意味になりますね。

 

 

②make

 

 

和訳

メアリーは彼女に昼ご飯を作ってあげた。

 

  • MaryがS(主語)
  • makeがV(動詞)
  • her sisterがO1(目的語)
  • lunchがO2(目的語)

 

「her sisterr」O1(目的語)に「lunch」O2(目的語)を作ってあげた

という意味になります。

 

これも問題ないかと思います。

 

③ask

 

 

和訳

私はトムに質問を尋ねた。

 

  • IがS(主語)
  • askedがV(動詞)
  • TomがO1(目的語)
  • a questionがO2(目的語)

 

「Tom」O1(目的語)に「a question」O2(目的語)を作ってあげた

という解釈になります。

 

 

SVO1O2の形になる動詞は決まっているので、単語を覚えるときにいっしょに覚えてみてね!

Daichi

 

 

第4文型から第3文型への書き換え

 

よく問われる問題として、第4文型から第3文型に書き換えなさいというものがあります。

このような変換です。

 

 

第4文型では2つ目の目的語になっていた名詞が、

第3文型目的語になっていることが分かります。

 

 

また特に上で上げた3つの動詞については、基本中の基本なので書き換えられるようにしておいてください。

 

  • give型
  • make型
  • ask型

のそれぞれに書き換えるときに違いが出てきます。

 

書き換えには、前置詞を使ったかたまりを作るのですが、そのときに使う前置詞が異なります。

 

 

では、1つずつ見ていきます。

 

 

①give

 

 

和訳

Tomは彼女にこの写真をあげた。

 

第4文型から第3文型に英文の構造は変わっても、日本語の訳は変わらないんですね!

Sachico

 

そうそう。

日本語的には意味はいっしょだけど、英語の構造は変わるってこと!

Daichi

 

  • TomがS(主語)
  • gaveがV(動詞)
  • this pictureがO(目的語)
  • herがOp(前置詞の目的語)

 

第3文型に、前置詞+名詞(Op)で副詞のかたまり〈 〉を加えた形になっていることが分かると思います。

第4文型=第3文型+〈 副詞のかたまり 〉

 

 

考え方としては、

トムがこの写真を上げました。

Sachico

 

誰に?

Daichi

 

彼女に!

Sachico

 

です。

 

○○(モノ)をVしました

誰に?

△△(人)に

 

要するに後半の「誰に?」にあたるところを、「前置詞+名詞(前置詞の目的語)」で表現しているということです。

 

そして、giveを使った第4文型から第3文型への書き換えの際は、前置詞にtoを使うことがポイントです。

 

 

 

②make

 

 

和訳

メアリーは彼女に昼ご飯を作ってあげた。

 

  • MaryがS(主語)
  • makeがV(動詞)
  • lunchがO(目的語)
  • her sisterがOp(前置詞の目的語)

 

第3文型の後ろにある〈 副詞のかたまり 〉をつくるのに、makeの場合は、forを使っています。

 

さきほどのgiveとは違いますね。

 

 

副詞のかたまりの発想としてはgiveといっしょです。

 

メアリーが昼食を作ってあげました。

Sachico

 

誰に?

Daichi

 

彼女の妹に!

Sachico

 

 

③ask

 

 

和訳

私はトムに質問を尋ねた。

 

  • IがS(主語)
  • askedがV(動詞)
  • a questionがO(目的語)
  • TomがOp(前置詞の目的語)

 

これも形としては

 

主語(S)+動詞(V)+人(O)+モノ(O)

⇒主語(S)+動詞(V)+モノ(O)+前置詞+人(Op)

 

というようになっています。

 

askの場合は、第4文型から第3文型への書き換えに、前置詞のofで副詞のかたまりを作っています。

 

で、ofを使って書き換えるのは、askだけです。

他にもあるかもしれませんが、出会うことはそうないと思います。

 

 

askも同じように考えて

私は質問を尋ねました。

Sachico

 

誰に?

Daichi

 

トムに!

Sachico

 

 

toの場合とforの場合の見極め方

 

ofはaskだけと思って置いておいて、

toを使って書き換える場合と、forを使って書き換える場合の区別の仕方ってあるんですか?

覚えないといけませんか?

Sachico

 

実は基準というのがあって、その基準に当てはめて覚えるというのがいいと思うよ!

Daichi

 

判断の基準

 

「人に対して行う必要のある動詞なのか?」で判断してしまえばいいんです。

要するに、動作を及ぼす対象となる人が必要かどうかで考えます。

 

例えば、giveって「~を与える」という意味ですが、

「人に対して行う必要のある動詞なのか?」

で考えてみると、

「モノを与える」対象の人がいないといけません。

 

だって、「~を与える」という動作は、与える人がいてはじめて与えたことになりますよね。

 

与える人が友達だろうが、トムだろうが、自分自身だろうが、「~を与える」という動作の対象が必要になります。

 

こういう動詞には、第4文型から第3文型の書き換えには、前置詞toを使います。

 

じゃあ、makeはどうでしょうか?

 

「~をつくる」だから別に人に対してやってあげなくても、動作としては成立しますね!

だって、あんまりよくないことだけれども、クッキーを作ってそれを捨てて終わり、ってこともできるわけだし。

Sachico

 

そういうこと。

人に対して行わなくてもいい動詞の場合は、前置詞forを使うよ!

Daichi

 

それでは、下に主なgive型(人に対して必ず行う動詞)とmake型(人に対して必ずしも行わなくてもよい動詞)をまとめておきます。

 

 

give型の動詞

人に対して必ずしなくてはいけない動詞

  • show
  • send
  • tell
  • teach
  • bring

 

make型

人に対して必ずしもしなくてもよい動詞

  • buy
  • get
  • find
  • cook
  • bring

 

 

bringはgive型でもありmake型でもある名詞だから、要注意!

Daichi

 

 

まとめ

 

  • 第4文型はSVOO
  • 第4文型は前置詞+名詞の副詞のかたまりを作って、第3文型に書き換えが可能
    主語(S)+動詞(V)+人(O)+モノ(O)⇒主語(S)+動詞(V)+モノ(O)+前置詞+人(Op)
  • giveは前置詞toを使って副詞のかたまりをつくる
  • makeは前置詞forを使って副詞のかたまりをつくる
  • askは前置詞ofを使って副詞のかたまりをつくる
  • 「人に対して行う必要のある動詞なのか?」を基準にして、give型make型を判断する

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.