英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】第2文型を高校文法なしの英文解釈で徹底解説!

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、ダイチです。

 

今回は、基本文型の1つである第2文型について、英文解釈を使って説明していきたいと思います。

 

 

第2文型とは?

 

第2文型は記号では、SVCと表されます。

 

Sは主語、Vは動詞、Cは補語です。

 

補語って?

 

補語(C)という文の要素には、名詞または形容詞のどちらかの品詞が必ず入ります。

 

C(補語)は名詞か形容詞であるということが分かればオッケーです!

 

 

第2文型で大切なこと!

 

第2文型で大切なことは

SVCがS=Cの関係をつくる

ということです。

 

つまり、

主語=「どんなだ」

というイコール関係を作るということです。

 

と、説明してもよく分からないと思うので、実際に簡単な英文で説明していきますね。

 

 

補語は名詞or形容詞

 

繰り返しになりますが、SVCのCの部分には、名詞の単語もしくは形容詞の単語が入ります。

 

名詞の場合

 

 

和訳

マイクは生徒です。

 

補語(C)には「student」という名詞の単語が入っています。

 

Mike=a student(マイク=生徒)

という関係が成り立っています。

 

マイクはどんなだ?

Daichi

 

マイクは生徒!

Sachico

 

 

形容詞の場合

 

 

和訳

マイクは親切だ。

 

補語(C)には「kind」という形容詞の単語が入っています。

 

Mike=kind(マイク=親切)

という関係が成り立っています。

 

マイクはどんなだ?

Daichi

 

マイクは親切!

Sachico

 

 

be動詞だけでなく、一般動詞も使われる

 

SVCのV(動詞)では、be動詞の他に一般動詞も使われます。

 

つまり、be動詞だけでなく一般動詞もイコール関係をつくるということが分かります。

 

例文を見てみましょう。

 

 

be動詞の場合

 

 

和訳

私は先生でした。

 

動詞(V)には「was」というbe動詞の単語が入っています。

 

補語(C)には「teacher」という名詞の単語が入っています。

 

 

で、I=teacher(私=先生)

という関係が成り立っています。

 

私はどんなだ?

Daichi

 

私は先生!

Sachico

 

 

一般動詞の場合

 

 

和訳

私は先生になりました。

 

動詞(V)には「became」という一般動詞の単語が入っています。

 

補語(C)には「teacher」という名詞の単語が入っています。

 

 

で、I=teacher(私=先生)

という関係が成り立っています。

 

私はどんなだ?

Daichi

 

私は先生!

Sachico

 

 

質問:I love Tom.は?

 

I love Tomの場合はどのようになるんですか?

Sachico

 

いい質問だね!

Daichi

 

たしかに、I love Tomも「I=Tom」というように解釈できそうです。

 

しかし、動詞に注目してみると、「love」という単語は「どんなだ?」を表す単語じゃないんです。

「~を愛する」という「何を」「どうする」を表す動詞なんですね。

 

残念ながら、IとTomをイコール関係でつなげる動詞ではありません。

ちなみに、I love Tom. は第3文型です。

 

ということで、「どんなだ?」の意味をもつ単語かどうかが、第2文型に使える一般動詞かどうかの基準であるということです。

 

第2文型に使える単語とそうではない単語があるということですね?

Sachico

 

そういうこと!

Daichi

 

 

もっと詳しくいいますと、第2文型で使われる一般動詞はbe動詞に置き換えても意味が通ります。

 

要するに、「どんなだ?」に当てはまる状態や様子、感覚などを表す一般動詞が、第2文型では使われるということです。

 

 

第2文型で使われる主な動詞

 

大きく分けて、「状態」を表す動詞と「知覚」を表す動詞があります。

これらの動詞は、「どんなだ?」に当てはまる動詞で、be動詞に置き換えて考えることができます。

 

「状態」を表す動詞

 

be Cである
keep Cのままである
get Cになる

 

「知覚」を表す動詞

 

look Cに見える
sound Cに聞こえる、

Cのように思われる

 

まずは、基本的な単語から覚えていきましょう。

 

 

まとめ

 

  • 補語には名詞または形容詞の単語が使われる
  • 第2文型にはbe動詞と一般動詞の両方が使われる
  • 第2文型に使える一般動詞は「状態」や「知覚」を表せる動詞

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.