英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】第1文型を高校文法なしの英文解釈で徹底解説!

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、ダイチです。

 

今回は中学生でも分かるように第1文型を説明したいと思います。

 

もちろん、英文解釈を使って!

 

 

第1文型とは?

 

第1文型は記号を使うと、SV です。

 

自動詞ということは?

 

第1文型のV(動詞)は自動詞です。

 

つまり、目的語(O)となる名詞が絶対に動詞の後ろに来ません。

 

さらに言うと、補語(C)となる形容詞や名詞も動詞の後ろにきません。

 

 

自動詞の後ろにくるのは?

 

自動詞の後ろに目的語(O)や補語(C)は置かれませんが、

 

第1文型の文の後ろには、副詞や副詞のかたまりがくることがあります。

 

それでは、具体的な英文を見ていきましょう。

 

 

例1.シンプル

 

自動詞のみ

 

 

和訳

私は走る。

 

これは、シンプルな第1文型の文です。

 

自動詞なので、runで終わっています。

 

 

助動詞+自動詞

 

 

和訳

私は泳ぐことができます。

 

助動詞には、S・V・O・Cの記号が与えられていません。

 

ですので、canには何もつけず、swimにVです。

 

これもシンプルな第1文型です。

 

 

 

例3.修飾語×1

 

be動詞を使った文

 

 

和訳

私は公園にいます。

 

このbe動詞は「存在」を表し、「います」というように訳します。

 

「存在」を表すbe動詞というものが存在するので、be動詞があるから第2文型だと思わないようにしましょう!

Daichi

 

 

そして、この例文ではamという自動詞の後に、「前置詞+名詞」のかたまりがきています。

このかたまりは、名詞を修飾しているわけではないので、副詞のかたまりですね。

 

自動詞にも、副詞や副詞のかたまり〈 〉は使われるので注意です。

 

 

一般動詞を使った文

 

 

和訳

私は日本に住んでいます。

 

これも、in Japanで副詞のかたまりを作っています。

 

 

例4.修飾語いっぱい

 

第1文型なのに1センテンスが長いときは、副詞や形容詞、副詞・形容詞のかたまりがたくさん引っ付いているからです。

 

下の例文を見てみましょう。

 

 

和訳

私は毎日、公園で速く走っています。

 

I run で第1文型は終了しています。

 

残りは飾りです。

 

  • fastは副詞
  • in the parkは副詞のかたまり
  • every dayは副詞のかたまり

 

というように、「I run」を修飾しています。

 

 

〈 〉って2つ続いても大丈夫なんですか?

Sachico

 

何個続いても大丈夫だよ!

副詞+副詞のかたまり+副詞のかたまり

というように基本文型を修飾するもので連なっても気にする必要なし!

Daichi

 

 

 

文法上の解釈と意味上の解釈

 

文法上の解釈と意味上の解釈では、記号のつけ方が変わる場合があります。

 

 

文法上の解釈

 

 

和訳

私は私の妹を探しています。

 

「look」は「見る」という自動詞であるので、文法上の解釈では「look」にはVをつけます。

 

そして、前置詞+名詞で for my sisterは副詞のかたまりを作っていると解釈します。

 

 

意味上の解釈

 

 

和訳

私は私の妹を探しています。

 

しかし、「looking for」で1つの句動詞と考えると、「~を探している」という他動詞のような扱いになると解釈します。

 

つまり、

「looking for」がVp

「my sister」がOp

ということになります。

 

 

倒置が起こっている第1文型

 

使うときはいつも、倒置が起きている第1文型があります。

 

それは、一般的にThere be構文と呼ばれているものです。

 

 

和訳

机の上には2つのリンゴがあります。

 

「are」が動詞(V)で「two apple」が主語(S)というように、SとVの位置関係が逆になっています。

 

 

Thereが文頭に来て倒置が起きていると考えてもらってオッケーです!

Daichi

 

ちなみにですが、実はこの「are」も「存在」を表すbe動詞です。

 

 

まとめ

 

  • 第1文型に使われている動詞は自動詞
  • 自動詞の後ろに副詞や副詞のかたまりがくることもある
  • 修飾する品詞やかたまりは続いても問題なし
  • 句動詞の場合は文法上の解釈と意味上の解釈の2通りがある

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.