英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】これだけは押さえておきたい副詞節をつくる3つの接続詞

Daichi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです。

 

今回は副詞節をつくるときに使われる3つの接続詞についてお話します。

 

中学英語、高校英語でも頻出の接続詞であるので、使い方をしっかり押さえておきましょう。

 

 

接続詞をつかった副詞節の基礎知識

 

接続詞を使ってかたまりを作る

接続詞を使うことによって、副詞のかたまりをつくることができます。

 

接続詞の後には、S(主語)+V(動詞)が続くので、「節」をつくります。

つまり、接続詞+S(主語)+V(動詞)で副詞節をつくります。

 

僕は副詞のかたまりを表すときは、〈  〉を使っています。

 

 

接続詞を使った副詞節の語順

〈接続詞+S+V+・・・・〉, S+V・・・

または

S+V・・・〈接続詞+S+V+・・・・〉

という2つの語順です。

 

〈 〉で囲った節を従属節といって、囲っていない節を主節といいます。

 

簡単に言ったら、〈 〉で囲った部分は脇役で、囲っていないところは主役です。

〈 〉で囲った部分は、主節をより詳しく表すための飾りだと思ってもらって大丈夫です。

 

従属節が主節よりも前に来ている場合は、『,』(コンマ)が必要ですが、

従属節が主節よりも後ろに来ている場合は、『,』(コンマ)は必要ではありません。

 

語順や使い方の注意はこれくらいですね。

 

接続詞の次に主語(S)と動詞(V)が来ることが分かっていればとりあえずオッケー!

Daichi

 

 

押さえるべき接続詞

押さえるべき優先順位の高い接続詞は次の3つです。

 

  • 条件
  • 理由

 

時の副詞節、条件の副詞節、理由の副詞節を通して、接続詞をつかった副詞のかたまりについて説明していきますね。

 

 

時を表す接続詞

 

 

和訳

私は家に帰ったとき私の兄は英語を勉強していました。

 

「時」を表す接続詞の代表例は、「when」です。

 

主節と従属節の位置関係ですが、

〈 when I came home 〉, my brother was studying English.

または、

My brother was studying English〈 when I came home 〉.

です。

 

 

条件を表す接続詞

 

 

和訳

もし明日晴れるなら、私たちは公園でサッカーをします。

 

「条件」を表す接続詞の代表例は、「if」です。

 

主節と従属節の位置関係ですが、

〈 If it is sunny tomorrow 〉, we will play soccer in the park.

または、

We will play soccer in the park〈 if it is sunny tomorrow 〉.

です。

 

 

理由を表す接続詞

 

 

和訳

あなたは私にこの本をくれたので、私はとてもうれしいです。

 

主節と従属節の位置関係ですが、

〈 Because you gave me this book 〉, I am very happy.

または、

I am very happy〈 because you gave me this book 〉.

です。

 

 

時・条件の副詞節の中は注意!

 

時・条件の副詞節の中は、未来のことでも現在形を使うというルールがあります。

 

つまり、「when」や「if」といった接続詞がつくる〈  〉の中は未来の内容でも現在形にしないといけません。

 

例えば、「if」を使った文章を見てみましょう。

 

間違い例×

〈 If it will be sunny tomorrow 〉, we will play soccer in the park.

 

正しい例○

〈 If it is sunny tomorrow 〉, we will play soccer in the park.

 

「we will play soccer in the park.」という主節の文に「will」が使われているから、ついつい従属節の〈 〉の中も「will」を使ってしまいそうになります。

 

しかし、主節の文につられず、〈 〉の中を〈 If it will be sunny tomorrow 〉のように現在形で表すように注意が必要です。

 

 

まとめ

 

  1. 接続詞は副詞節をつくる
  2. 時、条件、理由の接続詞を押さえる
  3. 時・条件の副詞節の中は未来のことでも現在形で表す
  4. 接続詞の語順は
  • 〈接続詞+S+V+・・・・〉, S+V・・・
  • S+V・・・〈接続詞+S+V+・・・・〉

 

接続詞は『名詞のかたまり』も作ります。

コチラの記事も読んでおくと勉強になりますよ。

【中学生でも分かる】接続詞のthatがつくる名詞のかたまりはこう攻略する

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.