英文解釈の基礎はここに全部ある!

【中学生でも分かる】分詞を使った形容詞のかたまりの作り方

Daichi
WRITER
 

英文解釈のエッセンスがつまった、
英文解釈のレシピ本を
今なら無料でプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、Daichiです。

 

今回は、分詞について解説してきますね。

 

「分詞ってそもそも何?」「分詞の使い方って?」ということから、中学生にも分かるように説明していきます。

 

 

分詞とは何ですか?

 

ポイント① 形容詞のかたまりをつくる

分詞は形容詞のかたまりを作ります。

つまり、名詞を修飾します。

 

僕は、形容詞のかたまりには( )を使って表しています。

さらに、( )の中にはS(主語)とV(動詞)が含まれていないので、「句」を作ります。

 

ということで、分詞は「形容詞句」をつくるということですね。

 

ポイント② 分詞は2種類ある

分詞は2種類あります。

 

  • 現在分詞
  • 過去分詞

の2種類です。

 

現在分詞というのは、「~ing形」

過去分詞というのは、過去分詞形

に動詞を変形して使います。

 

現在分詞は「~している」という訳し方で、

過去分詞は「~された」「~される」という訳し方をします。

 

名詞を修飾するので、

「~している」名詞

「~される、~された」名詞

となるわけです。

 

ポイント③ 分詞の使い方には2つのルールがある

分詞は「かたまり」をつくる単語の語数によって使い方が少し異なります。

 

ルールは2つだけなので簡単です。

 

1つ目が、「分詞1語のみ」。

2つ目が、「分詞を含む2語以上」です。

 

 

以上のポイントを押さえつつ、具体的な英文で説明してきます。

 

 

 

分詞1語のみ

 

まず1つ目に「分詞1語のみ」のパターンを説明します。

 

現在分詞を使った例文を見てみましょう。

 

現在分詞を使った例文

 

 

和訳

私は寝ている赤ちゃんを抱きます。

 

「分詞1語のみ」の場合は、前から名詞を修飾します。

 

つまり、名詞の前に「分詞」がきます。」

 

今回の例文であれば、「sleeping」という現在分詞が「baby」という名詞を前から修飾しています。

 

このように、前から名詞を修飾することを「前置修飾」といいます。

 

次に、過去分詞を使った例文を見てみますね。

 

過去分詞を使った例文

 

 

和訳

彼はその抱かれている赤ちゃんを知っています。

 

現在分詞と同じように、過去分詞でも「分詞1語」の場合は、前から名詞を修飾します。

 

例文では「baby」という名詞が「hold」という過去分詞によって前から修飾されています。

 

 

で、形をみたら分かるように、単語1つの形容詞といっしょですよね。

 

「a cute baby]」、「the good baby」と同じで、

「a+形容詞+名詞」、「rhe+形容詞+名詞」という語順です。

 

形容詞の部分が分詞になると考えてもオッケーです。

 

 

分詞2語以上のかたまりのとき

 

次に「分詞を含めた2語以上のかたまりを作る」パターンを説明します。

 

現在分詞を使った例文と、過去分詞を使った例文の2つをそれぞれ紹介しますね。

 

 

現在分詞を使った例文

 

 

和訳

海で泳いでいるその男の子は私の弟です。

 

2語以上の場合は、形容詞のかたまりをつくって、後ろから名詞を修飾します。

後ろから修飾することを、「後置修飾」といいます。

 

今回の例文では、( swimming〈in the sea〉)という形容詞のかたまりを作って、主語になっている「The boy」という名詞を後ろから修飾しています。

 

修飾のかたまりを作っているところから、修飾する名詞まで後ろから前へ矢印をかけています。

 

「swimming」という現在分詞+「in」+「the」+「sea」と全部で4語でかたまりをつくっていますね。

つまり、「分詞を含む2語以上のかたまり」という条件をきちんと満たしています。

 

 

過去分詞を使った例文

 

 

和訳

私はトムと呼ばれている男の子を愛している。

 

「called Tom」という分詞を含む2語のかたまりが、目的語となっている「the boy」という名詞を修飾しています。

 

過去分詞「called」から形容詞のかたまり( )を作って、「the boy」に矢印をかけています。

 

 

まとめ

 

分詞は

  • 形容詞のかたまり( )を作る
  • 現在分詞と過去分詞がある

 

修飾するときのきまり

  • 分詞1語のみは前置修飾になる
  • 分詞を含む2語以上のかたまりを作るときは、後置修飾になる

 

現在分詞に形が似ている「動名詞」についても読んでおくといいと思います。

【中学生でも分かる】動名詞がつくるかたまりのポイントを解説してみた!

過去分詞に形が似ている「受動態」についても読んでおくと役立ちますよ。

受動態って何?これさえ分かればオッケーの3つのポイントを解説!

この記事を書いている人 - WRITER -
Daichi
英文解釈の参考書で勉強する前に持っておくべき、英文解釈の本質を教えています。 「中学英語で英文解釈最強説」を提唱している人間。 『考え方をシンプルに、自分自身をアップデート』を信念として、英語をシンプルかつ論理的に扱っています。 夢は競技かるたで生きていく。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 中学英語で英文解釈が学べる学習サイト , 2018 All Rights Reserved.